こうやって選ぼう!電子書籍の選び方とは

まずは書店選びからはじめる

電子書店で購入した電子書籍作品は、クラウド上で色々と管理をすることができます。しかし複数の書店を利用していると家の中の離れた場所に複数の本棚がある状態になってしまいますので、電子書籍を利用しはじめる場合は、管理のしやすさから考えると複数の電子書店を利用するよりもいつも購入する電子書店を先に1つ決めてしまう形がおすすめです。そして選び方としては、書店が閉鎖するとクラウド上の本はどうなってしまうかわからないので、様々な調査をして電子書店業界の勢力図をこと細かく調べてみましょう。そして、一番高いシェアを誇り、評論家やユーザの間でも最も将来性が高いと言われている電子書店で常に買う形をとれば、電子書店閉鎖の心配をすることなくどんどん本を買い増すことが出来ます。

個別の商品に関して。紙の本で買うべきか電子書籍で買うべきか

続いて個別の電子書籍に関してですが、まず電子書籍は紙・インク代や運搬コストがカットされるため高く売る必要がない関係で紙版より安く売られているケースがよくあります。そのため、例えば紙版の半額程度で販売されているような場合は、迷わず電子書籍版を買ってしまって問題ありません。ただし、紙版も電子版も同じく価格もしくは価格差があまりない場合は考えるべきことがあります。例えば、資料系の本など頻繁にページをめくったりする必要のある本に関しては、電子書籍はページをめくるのが大変という欠点があるので紙版で買ったほうが便利です。逆に一回読んだら終わりであるような作品(小説など)を買う場合は、読み終わってから本棚に入れていても仕方ないので電子版で買って読み終わったら端末から削除するほうがおすすめです。